インプラント|貝塚市の歯医者|むし歯、インプラント、ホワイトニング

椿原歯科医院

インプラント

インプラントとは

image

歯を失ってしまった時、骨の部分に人工の歯(人口歯根)を埋め込んで、まるで自分の歯が元通りになったかのように治療する事をインプラント治療といいます。

少数の歯を失った場合、今まではブリッジを使う治療が一般的でしたが、健康な隣の歯まで削る必要がありました。

それに比べてインプラントは、チタン製の人工歯根を正常な歯と同じようにあごの骨に埋め込みます。噛む力を直接あごの骨で受けるため、強い力で噛めるようになり、これまでと同じように食事を楽しむことができます。

インプラントのメリットとデメリット

[メリット]

  • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来、食感がよくわかります。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるので骨が痩せるのを防ぎます。

[デメリット]

  • 外科的な手術が必要になります。
  • 他の治療に比べて自費治療になるため治療費が高額になりがちです。
  • 骨への定着期間を入れると治療期間が少し長くなります。

入れ歯とインプラントの違い

image

[入れ歯の場合]

  • 食事や会話中に落ちてくる
  • 義歯に違和感がある
  • 義歯が気になり思いっきり笑えない
  • 硬い物が噛めない
  • 味が分かりにくく、食事が楽しめない
arrow

[インプラントの場合]

  • 完全に骨に固定される為、外したり定期洗浄をする必要がない
  • 歯肉に密着する義歯床はなくなり、口腔内に金属が当たる事もなくなる
  • 自分の歯と変わらない、自然な仕上がりに
  • 顎の力が直に伝わるので、自分の歯と同じような感覚で噛め、食べ物の感触がよくわかる
  • 上顎にある感覚器を隠さないので、味覚が回復

インプラント治療の流れ

text
text

ページトップへ戻る