予防歯科|貝塚市の歯医者|むし歯、インプラント、ホワイトニング

椿原歯科医院

予防歯科

予防歯科とは

image

歯科医院は「むし歯が出来たら行くところ」ではなく、お口の健康を守るため「予防するところ」へとシフトしています。予防歯科では、歯を守るための治療を行います。
進んでしまった病気の治療は。たしかにつらいことがありますが、予防や初期の治療は全く痛くなく行うことができます。
「予防やケアはこんなに良いものですよ」ということをご理解いただき、
「歯科医院はそんなに怖いところではなく、逆に気持ちの良いところ」
ということを患者さんに実感して頂けるよう心がけています。

歯のクリーニングの手順

image

①検査

歯と歯肉の健康チェック、前回の検査と比較し要注意部分の状況を把握します。

②予防計画

検査結果をお伝えし、歯のクリーニング回数を決めます。
(原則的に問題なければ1回の歯のクリーニングで終了します)

③歯石・バイオフィルム(歯の表面に張り着いた細菌の集合体)の除去

④歯質強化・除菌

虫歯・歯周病から歯を守ります。

⑤ホームケア

ホームケアの方法や注意点などをお伝えいたします。

⑥定期検診(年に2、3回)

お口の状態に合わせ次回の予約を決めます。

バイオフィルムとは

バイオフィルムとは粘性のあるフィルムで、その中に複数の種類の細菌が共存して複合体を形成し、固体の表面に付着した状態のものの総称のことをいいます。 いわば、細菌が共同生活をしている集合体のようなものです。
バイオフィルムは水で流しただけでは取れず、こすり洗いしてようやく取り除けるほど強固に付着しています。
口腔内のバイオフィルムの中で代表的なものは歯面に付着しているデンタルプラーク(歯垢)です。
デンタルプラークは、複数の細菌が形成するバイオフィルムです。
義歯に付着するバイオフィルムは、いわゆるカビの仲間である真菌でデンチャープラークを形成します。
どちらも人体に悪い細菌が口の中にあるわけですから、口腔内は不潔になり、虫歯や歯周病が起きやすくなります。

定期健診はなぜ必要なのか

image

歯周病は、再発が多い病気と言われています。その理由の一つにこのメインテナンスを受ける習慣が日本人には定着していないことがあげられます。歯周治療が終了しても、きちんとした管理ができていなければ再発してしまいます。
実際に長期間にわたり歯周治療を行い、いったん健康を取り戻したにもかかわらず、メインテナンスを行わなかったばかりに2~3年後に再発してしまい、抜歯しなければならない状態になった患者さんもいます。
歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっています。
はじめは、ブラッシングも非常に注意をし、一生懸命に行っていますが、時間と共にだんだんおろそかになって行く場合もあり、再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。
メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより 歯周組織の健康を維持していくことです。

なぜご本人だけだと健康維持が難しいのでしょうか?

①磨き残しにはくせが出てしまいます。

これは歯の同じところばかりを磨いてしまい、歯ブラシの届いていないところはずっとそのままになってしまうためです。

②普通のお手入れではコントロールできない・しにくい場所がある。 

ブリッジなどの治療後や、部分的に歯周病が進んでしまったところなど、お手入れの難しいポイントを押さえておくことが大事です。

③歯の意識を常に保つのは意外と難しい。

当医院では、1~6ヶ月とその人にあわせたメンテナンスを行います。

PMTC

image

歯毎日の歯ブラシできちんと磨けているつもりでも、歯ブラシの届かないところにどうしても磨き残しが出てきてしまい汚れが溜まっています。
この部分を、歯科医師や歯科衛生士が、磨き残し部分をキレイにするための専用機械を使ってクリーニングをします。このことをPMTCと呼んでいます。
(P)プロフェッショナル・(M)メカニカル・(T)トゥース・(C)クリーニングの頭文字をとったものです。

歯肉炎や歯周炎などの改善や予防、歯質の強化による虫歯予防、歯の着色を除去することができます。
終わった後は、とても気持ちよく、歯もお口の中も心も全部スッキリします!

ページトップへ戻る