小児歯科|貝塚市の歯医者|むし歯、インプラント、ホワイトニング

椿原歯科医院

小児歯科

小児歯科とは

image

小児歯科とは、おおよそ永久歯が生え揃うまでの患者さまの治療をさします。
小児には個人差がありますので何歳だからこうといった治療ではなくお子さま一人ひとりに合わせたより柔軟な治療を行っていきます。
乳歯のうちにしっかりと口腔内環境を整えていくことにより、より健康な永久歯列期へ移行する事ができます。

むし歯を予防する為に

ブラッシング指導

歯の生え方・発育段階に合った歯ブラシの仕方を保護者の方やご本人にお伝えします。
また、歯ブラシ指導を通じてお子様自身が虫歯予防に関心を持つようになります。
自分自身で、生涯を通じての虫歯予防・健康管理できる子を目指します。

フッ素塗布

歯質を強化して、虫歯になりにくくするフッ素を歯に塗布します。
ブラッシングとフッ素で、虫歯になりかけた歯をもとに戻す働きもあります。
フッ素を効果的に活用するために、3~4ヶ月に1回塗布して下さい。

シーラント

虫歯が出来やすい奥歯の溝を、プラスチックで埋める処置です。
歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすい奥歯の深い溝を埋めることで、効果的に虫歯を予防します。

定期検診について

image

生後すぐの赤ちゃんの口の中には虫歯の菌は存在していませんが、生後6ヵ月を過ぎた頃から、母親が一度口につけた離乳食などを与えられるため、母親の口の中にミュータンス菌(虫歯菌)が潜んでいると、赤ちゃんに感染してしまいます。
母親の口腔内環境の改善と赤ちゃんの口腔ケアは両方行う必要があります。
子供の歯は大人に比べて柔らかく、虫歯がとても早く進行してしまうものです。
つまり、将来のためにも早い段階でのしっかりとしたデンタルケアがとても大切になってくるのです。
年に数回は定期検診を受け、口の健康状態をチェックしましょう。

ページトップへ戻る